Rosa Blanca Blog,アロマ

kankitu
「リモネン」って?

リモネンとはかんきつ類の皮に含まれる成分のひとつ。
オレンジの皮をむいた時に指がぬるぬるしますよね?
それがリモネンです。

アロマテラピーを学ばれている方は、必ずご存知の成分ですが、
オレンジ、レモン、グレープフルーツなど、わたしたちの身近な果物からも精油(アロマ)はできています。(食用NG)
これらのかんきつ系精油の成分のうちのほとんどが「リモネン」と呼ばれる成分です。

 

  リモネンが発泡スチロールを溶かす

そしてこのリモネンという成分は発泡スチロールを溶かすはたらきがあります。
この機能を利用して、発泡スチロールをリサイクルしているんです。

そもそも
発泡スチロールの原料は原油からつくられるポリスチレン。
このポリスチレンとリモネンが混ざると、お互いに解け合って液体になってしまいます。

食品トレーを割って、その断面にかんきつ系精油をかけてみてください。
しゅわしゅわと泡をだして溶けていきます
(リモネンとポリスチレンの分子構造が似ているため、混じり合いやすく、
お互いの分子を解きほぐすんですね)

そして、その液体からポリスチレンを取り出して再生し、
新しい発泡スチロールに生まれ変わるのです。

しかも、一度利用したリモネン液は再利用できるんです。

 

 

暮らしのなかのリモネン

リモネンは他にもわたしたちの暮らしの中で利用されています。
たとえば
オレンジの洗剤。特に工業用の頑固な油汚れを落とす洗剤。
これはオレンジに含まれるリモネンが油汚れを分解してうきあがらせるのです。

ドライクリーニング
こちらも油性の汚れを落とすための有機溶剤の代わりとして使用されています。
一般的な石油系有機溶剤のイヤなにおいもなく
使用済みの液体は自然分解するので、環境にも負担が少ないとして利用されています。

模型用接着剤
プラモデルなどの接着剤として、リモネン接着剤があります。
従来の強いにおいもないですし、吸い込んでも安全とされています。

 

アロマテラピーとしてのリモネン

ではかんきつ系精油がアロマテラピーではどのように使われているかというと
◎むくみ
◎冷え
◎血行促進
◎便秘
◎消化不良
◎うつ
などに使います。

日本にはゆず風呂を楽しむ文化もあるせいか、
かんきつ系精油をお風呂に入れる方が多いのですが、
これらの精油には酸素を反応しやすい特徴があります。
特に熱いお湯と組み合わせると、酸化物が生じて皮膚刺激性が高まります。
人によっては平気な人もいらっしゃるようですが、
わたしはバスソルトにして入浴したら、ぴりぴりと痛くなります。

ご注意くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の記事

サロン案内

Rosa Blanca
http://rosablanca-aroma.jp/
●ご予約お電話番号
090-3978-5625
●メールアドレス
info@rosablanca-aroma.jp
●営業時間
月~金曜日 11:00~19:00(最終受付)
土     11:00~のみ
日・祝   休業
●最寄り駅
京阪中之島線 「中之島」駅徒歩4分
阪神本線 「福島」駅徒歩5分
JR東西線 「新福島」駅徒歩5分
JR環状線 「福島」駅徒歩7分
●サロン所在地
大阪市福島区福島3丁目
(詳しい所在地は後日、お知らせします)