Rosa Blanca Blog

希望1

40歳以降の方であれば

残りの将来について、なんとなくイメージできているのではないでしょうか。

 

60歳か65歳に定年を迎え、その後の老後生活をこれまでの貯蓄で慎ましく楽しみ、その後静かに老いてゆくことを。

中には、もっと派手に第二の人生を楽しむ計画をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

ですが、どちらも人生を80年と捉えた場合の話なのではないでしょうか

 

 

21世紀は医療、科学の発達により人生100年、そして150年となるとも言われています。

 

例えば医療なら

かつて不治の病と言われていたガンも、

あと10~15年もすればがんの治療薬が完成すると言われています。

 

また、人の組織や臓器を再生し、機能を取り戻す再生医療も身近になり、

老化して衰えた臓器の入れ替えも可能になっています。

そうすると元気なまま寿命をのばす可能性も高くなります。

 

 

ここまで読んで

 

「そんなのはもっと先の話でしょ」

 

と思う方もいるかもしれませんが、

 

 

ES 細胞(胚性幹細胞)様々な組織に分化できる万能細胞の技術確立から

ヒトiPS細胞の作成成功までが約10年。

そこから再生医療の商用化までが10年

 

約10年ごとに大きく変化していて、私たちの寿命が伸びる可能性は

遠い将来の話ではないことがわかります。

 

 

 

思い描いていた慎ましい老後生活の時間は倍になり、

死ぬことが難しい時代となり

 

「人生80年」で設計した計画を立て直す必要が出てきました。

 

 

そして、人生設計を立て直すと同時に、

残された長い余生をどのように生きて行こうか、

という自分の生き方に対する問いにも向き合うことを余儀なくされます。

 

 

これまでの老いゆくための第二の人生というより

もっと積極的な第二の人生を歩むことを考える。

さらにその先には第三の人生があることを想定して。

 

 

冒頭の

 

「あと、100年生きてください」

 

と言われたら、今のままの自分で生きていく自信はありますか?

 

 

 

何か新しいことを始めようとする時に

 

「もう◯歳だから、、」

 

「今更やっても。。。」

 

「今に満足はしてないけど、やりたいことがわからない」

 

と、よく耳にします。

 

 

あと100年生きられるとしても

そう言いますか?

 

 

生きる時間が長くなるなら、今からでも全然遅くありません。

 

これまでやりたいと思っていながら諦めていたこと。

なんとなくいつもと同じような生活でいること。

何か始めようと思ってばかりで動けないこと。

 

一歩、前に進んでみませんか。

 

大きな一歩でなくていいのです。小さな歩幅で一歩ずつ前に進めば。

 

 

 

便利になった代償として得た人生150年という時間を

どう過ごすのか。

 

この新しい年を迎えたいま考えてみては。

 

 

 

 

関連記事

「このまま終わってしまわないために」

 

「今度こそ変わる」

 

*************************************
◎こちらからもご予約していただけます。

ロサブランカ LINE@
友だち追加
*******************************************

〜さあ、ピンチをチャンスに変えよう!〜

40歳からの私をバージョンアップする 香りのチアフルサロン

Rosa Blanca(ロサブランカ)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の記事

サロン案内

Rosa Blanca
http://rosablanca-aroma.jp/
●ご予約お電話番号
090-3978-5625
●メールアドレス
info@rosablanca-aroma.jp
●営業時間
月~金曜日 10:30~19:00(最終受付)
土     11:00~のみ
日・祝   休業
●最寄り駅
京阪中之島線 「中之島」駅徒歩4分
阪神本線 「福島」駅徒歩5分
JR東西線 「新福島」駅徒歩5分
JR環状線 「福島」駅徒歩7分
●サロン所在地
大阪市福島区福島3丁目
(詳しい所在地は後日、お知らせします)